【攻略法】“穴馬の見つけ方”☆彡|競馬は“着差”と“適距離”が重要キーワード“チビラーサン編”

攻略法

今回の記事は、自力で穴馬を見つけたいと思っている方向けです。

この記事を読むことによって、穴馬を見つける際の“ポイント”が理解できます

配当妙味のある穴馬を見つけるための大まかな手順は、以下の2点です。

概ね“芝”・“ダート”共通ですが、やや“芝”よりの内容となっています。

手順

①馬柱の確認 ②レース映像の確認


たったこれだけ❕❔

‥と思うかも知れません‥

しかし、要約すると本当に2手順だけなのです。

信じられないという方は、ぜひ最後まで読んでください。(*^-^*)

では、具体的な手順を説明します。

馬柱の確認

ポイント

“コンマ5秒差以内”の惜敗で、着順が良くない馬が狙い目

“適距離”の見極め

差のないレースをしている割に人気薄となっている穴馬が狙い目となります。

惜敗したレースと狙うレースの距離は、±200mがベターです。(例外もあり)

出遅れや道中に不利があった場合は、惜敗したレースと狙うレースの距離が同じ場合もあります。

脚を余して惜敗した場合は、“距離延長”、ゴール前で差された場合は、“距離短縮”が向きます。

レース映像の確認

ポイント

見つけた穴馬の信頼性を映像で確認

ゴール前、どのような状況であったかを確認し、狙うレースで好転する可能性の有無を想像(瞑想タイム)

実例

この方法で穴馬を見つけることができましたので、紹介します。

2020年8月2日、新潟7レース、3歳上1勝クラスの芝1600m戦で1着になった、“チビラーサン”です。

当ブログでは、この馬を注目馬として挙げていました。

9番人気で、💰単勝1,990円、複勝530円の伏兵でした。

レース結果

新潟7R 3歳上1勝クラス 芝1600m 定量 2020年8月2日 ☀ ‐良‐

1着 5枠10番 チビラーサン 9番人気

⑬⑫‐① 差し 1分33秒5(上り:33秒1


2着 7枠15番 プティシュシュ 3番人気

①①‐➁ 逃げ 1分33秒5(上り:34秒0)


3着 6枠12番 メイショウベッピン 5番人気

⑩⑨‐③ 差し 1分33秒6(上り:33秒4)

後方から上り最速での差し切り勝ち❕❕

臨戦過程

新潟9R 新発田城特別 3歳上1勝クラス 芝1400m 2019年8月17日☀‐良‐

6着 8枠16番 チビラーサン 4番人気

⑮⑮‐⑥ 追込 1分21秒4(上り:34秒2

6着か。。。でも、たったのコンマ5秒差。。。

ん❕❔。。。上り最速❕❔

これは。。。もしかして。。。距離延長歓迎❕❔

中京10R 豊川特別 3歳上1勝クラス 芝1600m 定量 2019年12月14日☀‐良‐

7着 2枠4番 チビラーサン 5番人気

⑥⑧⑨‐⑦ 差し 1分34秒8(上り:33秒7)

着差はコンマ3秒差。。。

悲観する内容ではないか。。。

東京4R 4歳上1勝クラス ダート1600m 定量 2020年2月9日 ☀ ‐良‐

9着 4枠7番 チビラーサン 4番人気

⑪⑨‐⑨ 差し 1分39秒5(上り:37秒8)

“ダート戦”なので度外視。。。

中京7R 4歳上1勝クラス ダート1800m 定量 2020年2月29日 ☁ ‐良‐

4着 8枠8番 チビラーサン 6番人気

⑥⑥⑥⑥‐④ 差し 1分55秒8(上り:37秒1)

このレースも“ダート戦”。。。

福島9R 織姫賞 3歳上1勝クラス 芝1800m 定量 2020年7月12日 ☁ ‐重‐

6着 3枠6番 チビラーサン 9番人気

⑪⑫⑧‐⑥ 先行 1分51秒7(上り:37秒7)

コンマ8秒差だけど。。。4番手まで押し上げた後に失速。。。

道悪は苦手だし。。。良馬場なら。。。もしかして。。。距離短縮歓迎❕❔

着眼点①

5走前の新潟芝1400m戦“新発田城特別”において、上がり最速のコンマ5秒差であったこと。

仮説

・上がり最速での惜敗なら、200mの距離延長が向く

・同じ新潟芝であれば、コース適性あり

・末脚を活かしたい同馬にとっては、“内回り”から“外回り”への条件変わりは歓迎

・レース映像を確認すると、脚を余しての惜敗が明らか。(3着馬とはたったのコンマ1秒差)

・走破時計の1分21秒4も及第点。(“ムネヒロタイム参照”)

“ムネヒロタイム”とは、“競馬穴リスト”棟広良隆氏が独自に算出した基準タイムで、馬券圏内(③着)に突入できるかどうかを目安にしたもの。

着眼点②

前走の福島芝1800m 戦“織姫賞”で健闘していること。

仮説

・着差はコンマ8秒差で惜敗とは言えないまでも、ゴール前で4番手まで押し上げていて、距離短縮が向く

・陣営のコメントから、道悪が苦手な様子で良馬場なら条件好転

陣営のコメント

前走は馬場が悪い中でも頑張っていたけど、結果的に道悪が影響した。マイルに短縮するのはいいし、きれいな馬場で前進を期待したい。

仮説①、②および陣営のコメントの内容から、良馬場で実施される、新潟芝1600m戦はベスト条件という最終結論を導き出しました。

⭐️まとめ⭐️

ポイント

“コンマ5秒差以内”の惜敗、かつ着順が良くない馬が狙い目

“適距離”の見極めが大事

見つけた穴馬の信頼性を映像で確認

多くの競馬ファンは、馬柱をしっかりと確認していないので、お宝がたくさん落ちています。(*^^)v

配当妙味のある穴馬を見つけるには、“着順”を意識しては、ダメです。🙅‍♂️


“着差”を意識してください。🙆‍♂️


冒頭の2手順、

①馬柱の確認、②レース映像の確認


なぜ、この2手順だけで配当妙味のある穴馬を見つけることができるのか‥


それは‥

“すべて紛れもない事実”

だからです。

事実に勝るものはないのです。

今回の記事がきっかけで、回収率向上の一助になれば、幸いです☆彡


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました