【攻略法】競馬において距離短縮馬が有利な法則“メイショウハナモリ編”

攻略法

“穴馬券的中”

それは、競馬ファンの夢です。


今回は、割と簡単な“メソッド”を紹介します。

記事の内容が理解できれば、“穴馬券的中”も夢ではありません

ぜひ最後まで読んでください。^ ^


“何だかあやしいな”‥と思うのも当然だと思います。

世の中には、そうそう“おいしい話”は落ちていませんから‥(笑)


結論から言うと、

“人気薄となっている、“距離短縮馬”を狙え❕❕”

です。


誰でも一度は耳にしたことがある、古典的な“メソッド”です。


古典的な“メソッド”で、“穴馬券”が的中するわけがないという方‥

もいると思いますが、“距離短縮馬を狙うメソッド”は今でも有効です。


なぜなら、私自身がこの方法で“穴馬券”を的中させているからです。

ですので、毎回のように同じ“ネタ”を投稿しています。(笑)


“本当に❕❔”と思った方は、過去の記事をご覧ください。


“距離短縮馬”の中でも、“逃げ・先行馬の距離短縮”が最も期待値が高いので、特にオススメです。


今回紹介する“メイショウハナモリ”は、2020年8月8日、3歳上2勝クラスのダート1200m戦、 新潟10R“高田城特別”で3着に入線しました。

14頭立ての9番人気💰複勝800円の伏兵です。

当ブログでは、同馬を注目馬として挙げていました。


では、注目した理由を解説していきます。

レース結果

新潟10R 高田城特別 3歳上2勝クラス ダート1200m 定量 ☁ ‐不良‐

1着 2枠2番 サダムスキャット 3番人気

③③‐① 先行 1分10秒2(上り:35秒7)


2着 5枠8番 メディクス 1番人気

③③‐➁ 先行 1分10秒3(上り:35秒8)

3着 3枠4番 メイショウハナモリ 9番人気 

①①‐③ 逃げ 1分10秒4(上り:36秒5)

“距離短縮”。。。得意の“不良馬場”。。。

勝ち馬とは、たったのコンマ2秒差。。。

やったー♬

臨戦過程(ハイライト)

阪神3R 3歳未勝利 ダート1800m 馬齢 2019年6月2日 ☁ ‐良‐

2着 7枠13番 メイショウハナモリ 6番人気

①①①①‐➁ 逃げ 1分55秒2(上り:40秒4)

1800mを逃げて。。。好走。。。

着差もコンマ3秒差。。。

スタミナすげぇ。。。

中京3R 3歳未勝利 ダート1400m 馬齢 2019年7月20日 ☁ ‐不良‐

1着 6枠12番 メイショウハナモリ 6番人気

①①‐① 逃げ 1分23秒5(上り:37秒7)

距離短縮で勝利。。。

ん❕❔。。。“不良馬場”か。。。

京都6R 3歳上1勝クラス ダート1400m 定量 2019年10月20日 ☀ ‐重‐

1着 5枠7番 メイショウハナモリ 6番人気

➁➁‐① 先行 1分24秒5(上り:37秒8)

今度は“重馬場”で勝利。。。

着眼点①

逃げ・先行馬の距離短縮

・未勝利の阪神ダート1800m戦を逃げて2着、勝ち馬とは僅かコンマ3秒差
・未勝利勝ちは、中京ダート1400m戦の逃げ
・1勝クラス勝ちは、京都ダート1400m戦の先行

仮説

・1400m以上の距離を逃げ、もしくは先行することで好走しており、距離短縮歓迎。
・1200mであれば、スタミナに余裕ができ、2勝クラスで通用しても不思議ではない。

着眼点②

・不良馬場・重馬場での好走。

仮説

・未勝利戦が不良馬場、1勝クラスが重馬場で勝利しており、渋った馬場であれば、期待値が高まる。

陣営のコメント

昇級してからの3戦が物足りないが、坂路で好時計が出たように状態はいい。スピードに乗りづらいので、1200mがどうか。

“スピードに乗りづらい”というコメントに注目。確かにゲートを出た直後は、ハナを切れていないものの、200m走ったあたりで先頭に。距離短縮馬は、ペースに戸惑うことはあっても、“スタミナ”を武器に押し上げ、序盤で優位にレースを進めることがほどんど。

仮説①、②および陣営のコメントの内容から、不良馬場で実施される、ダート1200m戦はベスト条件という最終結論を導き出しました。

⭐️まとめ⭐️

ポイント

“逃げ・先行馬”の“距離短縮”が狙い目

“馬場適性”の見極めが大事

多くの競馬ファンは、馬柱をしっかりと確認していません。

ですので、お宝がたくさん落ちています。(*^^)v

配当妙味のある穴馬を見つけるには、“着順”を意識しては、ダメです。🙅‍♂️

“距離”を意識してください。🙆‍♂️


世間の競馬ファンは、“距離”の概念が乏しいので、着目する効果は“絶大”です。^ ^


⭐️まとめ⭐️にある、

“逃げ・先行馬”の“距離短縮”“馬場適性”の見極め


なぜ、この2点に着目するだけで配当妙味のある穴馬を見つけることができるのか‥


それは‥

“すべて紛れもない事実”

だからです。

事実に勝るものはないのです。

事実を基に予想しましょう♬


これが、“距離短縮馬が有利な法則”です。

このことは、オリジナル競馬格言“競馬はスタミナのある馬が勝つ”にも繋がります。


今回の記事がきっかけで、回収率向上の一助になれば、幸いです☆彡


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました