【攻略法】競馬はスタミナのある馬が勝つ‼️“ワセダインブルー編”

攻略法

オリジナル競馬格言

“競馬はスタミナのある馬が勝つ”

私が提唱する、“オリジナル競馬格言”で、10年以上の競馬歴で導き出した結論です。

“スタミナ”を意識すれば、意外と簡単に穴馬を見つけることができますので、ぜひ最後まで読んでください。^ ^


先に結論を述べます。

⭐結論⭐

“スタミナ”に余裕のある馬を狙え❕❕です。


“たったこれだけ❕❔”と思った方のために、詳しく解説していきます。

短距離であっても、“スタミナ”は必須ですが、特に2000m以上の距離であれば、その傾向は顕著です。


今回紹介する、“ワセダインブルー”は、2020年8月29日、札幌11Rの芝2000m戦“オホーツクS”で勝利しました。

当ブログの注目馬で、8番人気(💰単勝:2,510円、複勝:570円)の伏兵でした。

レース結果

札幌11R オホーツクS 3歳上3勝クラス 芝2000m 定量 2020年8月29日 🌂 ‐良‐

1着 3枠6番 ワセダインブルー 8番人気

⑪⑪⑨⑧‐① 差し 2分1秒5(上り:35秒8)

他の馬は疲れていたよ♬

2着 3枠5番 ドンアルゴス 6番人気

⑩⑩⑨④‐➁ 先行 2分1秒5(上り:35秒9)





3着 7枠14番 ハーメティキスト 5番人気

⑧⑦⑦④‐③ 先行 2分1秒6(上り:36秒1)

臨戦過程

小倉12R 呼子特別 4歳上1勝クラス 芝2600m 定量 2020年1月19日 ☁ ‐重‐

1着 3枠4番 ワセダインブルー 7番人気

⑫⑫➁➁‐① 先行 2分43秒6(上り:38秒2)

スタミナがあったから勝てた。。。

小倉11R 海の中道特別 4歳上2勝クラス 芝2600m 定量 2020年2月1日 ☀ ‐稍重‐

10着 2枠2番 ワセダインブルー 7番人気

⑨⑨⑪⑨‐⑩ 追込 2分46秒1(上り:39秒0)

まったく見せ場なし。。。

福島12R 奥の細道特別 4歳上2勝クラス 芝2600m 定量 2020年4月19日 ☁ ‐重‐

1着 8枠11番 ワセダインブル- 9番人気

⑩⑩⑩⑦‐① 差し 2分44秒4(上り:37秒6)

他の馬は疲れていたな。。。

東京9R 緑風ステークス 4歳上3勝クラス 芝2400m ハンデ 2020年5月10日 ☀ ‐良‐

14着 8枠15番 ワセダインブルー 12番人気

⑨⑩⑩⑩‐⑭ 差し 2分25秒5(上り:35秒1)

まったく見せ場なし。。。

函館11R 五稜郭ステークス 3歳上3勝クラス 芝2000m 定量 2020年7月11日 ☁ ‐良‐

2着 6枠6番 ワセダインブルー 9番人気

⑦⑦⑥④‐➁ 先行 2分1秒1(上り:34秒6)

スタミナはあるからね♬

着眼点①

スタミナが豊富

仮説

1勝クラスを小倉芝2600m戦、2勝クラスを福島芝2600m戦で勝利。

2000m戦であれば、スタミナに余裕が持てるため、持続力や瞬発力がアップする可能性が高いと考えました。

着眼点②

前走の内容が秀逸

仮説

前走は、3勝クラスの函館芝2000m戦“五稜郭S”で連対。

上がり2位の末脚を発揮し、勝ち馬とはタイム差なし

このことから、3勝クラスで十分戦える実力があることは明らかでした。

“1番人気馬が凡走した理由”と“好走馬の条件”

“オホーツクS”で1番人気に推されたのは、“レッドアルマーダ”でしたが、7着に敗れました。

“レッドアルマーダ”の前走は、2勝クラスの札幌芝2000m戦“HTB賞”で3馬身差の圧勝でした。

これだけの着差があれば、昇級戦でも通用する可能性はありますが、“HTB賞”の2000m戦以外は、すべて1800m以下。

距離実績としては、物足りません。

鞍上がルメール騎手ということもあって、1番人気に推されたものと考えられます。

前走が3馬身差の圧勝とは言え、スローペースでの逃げ切り勝ちです。

距離ロスがなく、展開が向いたレースでした。

2000mでゴールする際、スタミナを過不足なく使い切ることができれば、昇級戦でも好走する余地はあったと思いますが、実際のレースでは、出遅れや道中の不利など、想定外の距離ロスが付き物です。

よって、出走するレースよりも長い距離の好走馬が有利なのです。

“想定外の距離ロスに対応する備えがある馬”とも言えます。

“ワセダインブルー”が、最後に瞬発力を発揮できたのは、まさに“スタミナ”の賜物です。

オリジナル競馬格言“競馬はスタミナのある馬が勝つ”を見事に体現してくれました。

“スタミナ”の定義

“持続力や瞬発力を発揮するための源”

スタミナを意識することの重要性

“スタミナ”に余裕がある馬を狙え❕❕とは、“距離短縮馬”を狙え❕❕と言い換えることができます。

ゴール時点でスタミナに余裕のある馬が、勝ち馬に最も近い存在と考えています。

配当妙味のある穴馬を見つけるには、“スタミナ”を意識することが重要です。🙆‍♂️

逆に、スタミナに余裕のない馬が人気しているようであれば、その馬を過小評価することで、“穴馬券的中”のチャンス到来です。

世間の競馬ファンは、“距離”と“スタミナ”の概念が乏しいので、着目する効果は“絶大”です。^ ^

よって、この“メソッド”は今でも有効です。

競馬新聞の印を見ると、“ワセダインブルー”には、△が数個並んでいるだけで、他は無印という状態でした。

“重い印”は全くありませんでしたが、馬柱を見た瞬間に“コレだ❕❕”と思いました。

そのくらい、好走が“ミエミエ”の状態だったわけです。^ ^

⭐️まとめ⭐️

  • スタミナに余裕のある馬(距離短縮馬)を狙え❕❕
  • 過少評価されている、“現級好走馬”を狙え❕❕
  • 距離実績の乏しい馬が人気となっている場合は、“穴馬券的中”のチャンス到来❕❕

今回の記事がきっかけで、回収率向上の一助になれば、幸いです☆彡


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました