“穴馬予想”【東京新聞杯】|2020年2月9日の注目馬

レース予想
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

京都

9R 橿原ステークス 4歳上3勝クラス 芝1200m 定量

⑫シャワーブーケ

スナークライデン

シャワーブーケは、前々走が今回と同条件でレース内容が秀逸。

走破時計の1分11秒2は、及第点と言えるものであったが、差し馬の台頭で惜敗。

そのレースの2着馬が、後のG3カペラSの連対馬ということ考慮すれば、あまりにも過少評価。

スナークライデンは、近2走で末脚に磨きがかかっており、展開次第で。

10R 山城ステークス 4歳上3勝クラス 芝1200m 定量

ファミーユボヌール

距離短縮歓迎。

前走の京都芝マイル戦が、逃げてコンマ6秒差。

1200mになるとさすがにペースが速くなるが、スタート直後の上り坂を味方にすれば、粘り込みがあっても。

東京

8R 4歳上2勝クラス ダート1300m 定量

ペイシャボム

距離短縮歓迎。

11R 東京新聞杯 4歳上オープン 芝1600m 別定

クリノガウディー

東京コース向きの馬ではないが、抜群の調教具合から軽視は禁物。

小倉

9R 4歳上1勝クラス 芝1200m 定量

アレス

前々走と3走前が芝のマイル戦に出走し、いずれもコンマ5秒差以内の内容。

前走でブリンカーを着用したことで、上り2位の末脚を発揮しており、力上位の見立て。

乞うご期待!


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました