【馬券術】“人知を超えた穴馬”に備えるオススメの券種☆彡

馬券術

穴馬は、1着よりも2着、2着よりも3着に入線しやすい傾向があります。

よって、3着馬を味方につける券種が狙い目となります。  

時折、“人知を超えた穴馬”が馬券圏内に入線しますので、これを逃してはいけません。

穴馬ありきの券種選択は、以下の方法がオススメです。

⭐️結論⭐️

信頼できる軸馬の有無で選ぶべき券種が決まる。

信頼できる軸馬がいるか。。。いないか。。。

オススメの券種

複勝、ワイド、3連複

3着馬を味方にする馬券かぁ。。。

券種の選び方

信頼できる軸馬がいる場合

◎・・・本命(信頼できる軸馬)

○・・・穴馬(最も狙いたい穴馬)

▲・・・穴馬(次に狙いたい穴馬)

信頼できる軸馬が“◎本命”かぁ。。。

①ワイド 

◎-○、◎-▲

資金不足の場合、三連複の代用馬券として、ワイドを活用。

できれば、本命から穴馬2頭に流したいところ。

本命の相手が2頭までであれば、ムダなくダブル的中の可能性も。

②三連複二頭軸総流し

◎○-すべて、◎▲-すべて

資金や自信度に応じて、“◎○-すべて”だけにすべきか、“◎▲-すべて”も購入するかを決定。

③三連複二頭軸総流し+ワイド

◎○-すべて、◎▲-すべて+◎-○、◎-▲

資金や自信度に応じて、ワイドを重ね買いするかを決定。

重ね買いで的中した時の配当は、すごいことに。♪(´ε` )

ポイント

三連複二頭軸は、“総流し”をオスススメします。 

“人知を超えた穴馬”の激走があっても、“総流し”により、的中させることができます

“総流し”に抵抗がある場合は、“条件変わり”、“去勢明け”、“初ブリンカー”、および“好調教”以外の馬を消すようにしてください。

一変する可能性のある馬は、残す方が賢明です。

三連複二頭軸総流しについては、別の記事をご覧ください。

☟詳しくは、コチラ☟

信頼できる軸馬がいない場合

◎・・・穴馬(最も狙いたい穴馬)

○・・・自信のある馬(人気薄でも良い)

穴馬が“◎本命”❕❕

①複勝

◎のみ、もしくは◎と○の両方

資金や自信度に応じて決定。

②ワイド

◎-○のみ、もしくは◎-○+◎-自信のある馬(人気薄でも良い)

資金や自信度に応じて決定。

③三連複一頭軸流し

◎-○▲☆✖️・・・

信頼できる軸馬不在のため、穴馬を軸とし、人気に関係なく、好走しそうな馬を相手として選択。

④三連複一頭軸流し+複勝   

◎-○▲☆✖️・・・+◎のみ、もしくは◎と○の両方

三連複一頭軸流しの弱点は、購入金額が増えやすい傾向にあること。

相手点数をしぼったうえで、複勝を購入する方法がオススメ。

⑤三連複一頭軸流し+複勝+ワイド

前述の内容をもとに重ね買い。

ポイント

三連複一頭軸の流す相手は、人気に関係なく、好走しそうな馬を積極的に選択してください。

人気薄-人気薄-人気薄で決着したときは、驚愕の高配当が期待できます。

三連複一頭軸流しについては、別の記事をご覧ください。

☟詳しくは、コチラ☟

“オッズの確認”と“取捨選択”

競馬ファンの最終目標は、“プラス収支”を目指すことだと思います。

それであれば、常にオッズを確認し、“トリガミ”になるような買い目は排除しなければなりません。

的中してプラスになったとしても、低配当であれば、2~3日経つと的中したことすら忘れてしまうものです。

しかし、高配当を逃したときは、ずっとそのことを忘れすことができず、後悔することになります。

ですので、低配当ではなく、高配当の買い目を優先して取捨選択することが重要です。

“トリガミ”は排除。。。メモメモ。。。

ポイント

後悔しないためには、“高配当の買い目”を優先

オッズの確認と取捨選択の重要性については、別の記事をご覧ください。

☟詳しくは、コチラ☟

最後に

穴馬とはいえ、時折、1着や2着になる場合もあります。

自信があるのであれば、単勝、馬単、馬連、三連単も狙ってみてください。

ただし、穴馬ありきの券種選択は、“複勝”、“ワイド”、“三連複”が本線です。

“単勝”、“馬単”、“馬連”、“三連単”は、ボーナスですので、購入額の適切な配分をお忘れなく。^_^

適切な配分かぁ。。。

ポイント

“単勝”、“馬単”、“馬連”、“三連単”は、ボーナス(おまけ)

今回の記事がきっかけで、回収率向上の一助になれば、幸いです☆彡


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました