【馬券術】穴党必見‼️穴馬ありきの“三連複一頭軸流し”がオススメ☆彡

馬券術

狙いたい穴馬がいるのに、堅軸が見当たらない場合にオススメしたいのが、“三連複一頭軸流し”です。

頼りにならない危険な人気馬が上位人気を独占している場合は、危険な人気馬を避け、狙いたい穴馬を軸とした、“三連複一頭軸流し”にしましょう

思わぬ高額配当を手にすることもあります。

メリット

人気薄-人気薄-人気薄の組み合わせで決着した場合の高額配当^ ^

デメリット

①購入金額が増えやすい傾向

②点数を抑えたことによる、相手抜け

オススメの買い方

“3連複1頭軸流し”と“ワイド”の併用です。^ ^

軸馬の相手のうち、自信のある馬(人気薄でも良い)を1~2頭選び、軸馬とのワイドを購入することで、相手抜けの場合に備える方法です。

狙いが正しければ、配当0は回避できます

上手くいけば、ダブル的中🎯です❕❕

相手マーク数と金額

  • 3点・・・300円
  • 4点・・・600円
  • 5点・・・1,000円
  • 6点・・・1,500円
  • 7点・・・2,100円
  • 8点・・・2,800円
  • 9点・・・3,600円

具体例

◎・・・本命(穴馬)

○・・・最も自信のある相手(穴馬でも良い)

▲・・・次に自信のある相手(穴馬でも良い)

三連複一頭軸流し

◎-○▲☆✖ ☜相手4点の場合(600円)

ワイド①

◎-○(100円~)

◎-▲(100円~)

ワイドを1点、もしくは2点購入することで、“相手抜け“の場合の保険になります。

相手が3頭以上の場合、必ず外れる馬券を購入することになるため、相手は1~2頭がオススメです。

“配当0”はイヤだからね。。。

ワイド➁

◎○▲(300円~)

◎に自信がない場合、ワイドの3頭ボックスを購入する方法もあります。

“縦目”をくらった際(○▲で決着)に有効です。(^^;

競馬は何が起こるかわからないからね。。。

最後に

“三連複一頭軸流し”は、思わぬ高額配当を手に入れることができる一方、相手マーク数が増えると購入金額が増えやすいという弱点があります。

ですので、ワイド馬券を保険として、“配当0”を回避する方法を紹介しました。

このように、馬券の買い方は奥が深いので、いろいろな方法を試し、自分に合った方法を見つけてください。

“馬券の買い方”に詳しい本は、コチラです。☟

堅軸が見当たらない場合は、穴馬を軸とした、“三連複一頭軸流し”がオススメなのですが、確実に馬券に絡むであろう堅軸と狙いたい穴馬がいる場合は、“三連複二頭軸総流し”がオススメです。

☟詳しくは、コチラ☟

今回の記事がきっかけで、回収率向上の一助になれば、幸いです☆彡


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました