次走の注目馬【ミュージアムヒル】|“穴馬予想”に役立つ“軸馬”もしくは“穴馬”

次走の注目馬

先週の日曜日、豊明Sで連対した、“ミュージアムヒル”を取り上げます。


当ブログでは、ゼセルを注目馬として挙げ、惨敗しましたが、2番目に注目していたのが、この馬でした。


この馬の瞬発力を活かすには、1200mでは忙しすぎるのではないかと考え、評価を下げました。


しかし、実際には、出遅れながらも、上り2位タイで好走しました。


元々、素質はあった馬なのですが、一時期、凡走が続いていました。


2走前の奥多摩Sでは、12番人気でしたが、初ブリンカーが功を奏し、勝ち馬である、ライラックカラーにコンマ2秒差の4着でした。


前走の飛騨Sでもブリンカーを着用し、4番人気に推されたものの、直線で他馬と接触する不利があり、10着と大敗。


今日の好走を見て、“ブリンカー効果により、かつての輝きを取り戻した”と確信しました。


次走の人気がどのようなものになるのか想像はできませんが、直線の長い、1400~1600mであれば、再度好走する予感がします。


次走が楽しみです☆彡


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました