“穴馬券的中メソッド”|“特殊馬場”で浮上する穴馬

攻略法

現在、京都と小倉の競馬場では、時計のかかる状態が続いています。

“特殊馬場”と言って良いでしょう。

過去の投稿では、“時計のかかる馬場では、速い持ち時計は意味を成さず、時計のかかる馬場で好走した馬が浮上する”ことを述べました。

浮上する馬として、実際に挙げたのは、“ショウナンバニラ”、“ジュブリーユ”などです。

これらの馬が、走破時計が速い、もしくは標準レベルの馬場で人気していたら、危険な人気馬としてマークする必要があります。


“走破時計が速い結着では、持ち時計のある馬、時計のかかる馬場では、時計の遅いレースで好走した馬を狙うことが、回収率向上の近道”と言えます。


馬柱には、各馬のベストパフォーマンスといえる内容が掲載されています。

馬柱の予想印の下に記載の最高タイムと馬場レベルを勘案し、狙うべき馬をピックアップすれば、的中に近づくでしょう。

ただし、馬柱記載の最高タイムがどの位の価値があるのか、着順は上位であったのかという精査は必要です。

ベストタイムの評価法については、別の機会に投稿したいと思います。

時計のかかる“特殊馬場”に限定すると、着順が上位の時の持ち時計が遅い馬にも出番があるということです。

走破時計に関しては、ムネヒロタイムの活用をオススメします。☟(棟広良隆氏著書「激走レンジ!究極ガイド」参照)

ムネヒロタイム掲載の走破時計は、“標準レベルの馬場で、3着以内に入るにはこの位の時計が目安”というものです。

コース、クラス毎に掲載されていますので、その時計と比較して、時計が遅いようであれば、時計がかかっている馬場と考えて良いと思います。

私自身も“時計”に関しては、勉強中であり、表現に誤りがある可能性がありますので、その点はご容赦ください。

過去に投稿した記事にあるように、時計の比較には“変換プラグ”のようなものが必要になるので、一手間かかります。

それ故、一般の競馬ファンには敬遠されがちです。

だからこそ、“時計”を意識することに価値があるのです。

“時計”を意識することが“大きなアドバンテージになる”ことは、間違いありません。

是非とも意識してもらいたいものです。


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました