“穴馬予想”【アイビスサマーダッシュ】|2020年7月26日の注目馬

レース予想
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2020年7月26日の注目馬

新潟

11R アイビスサマーダッシュ 3歳上オープン 芝1000m 別定

⑪アユツリオヤジ

⑭ゴールドクイーン

2頭とも、千直競馬は初めてとなるが、条件ベストの可能性十分。

アユツリオヤジは、オリジナル競馬格言“条件変わりで激走した馬は、その後も好走を続ける”の該当馬。

前走の福島芝1200m戦“テレビユー福島”では、初芝でコンマ8秒差の圧勝。

稍重馬場で計時した、1分8秒5の走破時計は特筆に値するもので、“芝”が合っていることを証明するのに十分すぎる内容。

ゴールドクイーンは、“芝”でも良績を残す“二刀流”。

“橘S”3着、“葵S”1着、“バーデンBC”2着が示すとおり、“芝”でも実績十分。

“葵S”では、“ラブカンプ-”と“トゥラヴェスーラ”を完封しており、不安よりも期待大。

12R 3歳上1勝クラス ダート1200m 定量

⑭アールジオール

未勝利勝ちが、京都ダートの1800m戦。

1400mに距離を短縮した、近2走のレース内容が秀逸。

ワンパンチ不足しているところをさらなる距離短縮で補いたいところ。

休み明けを苦にしないようであれば。

札幌

10R 知床特別 3歳上2勝クラス 芝1200m 牝 定量

⑦セントセシリア

前走が案外も、札幌コース巧者。

札幌芝1500m戦では、未勝利勝ちと1勝クラスで3着の実績あり。

前走が出遅れによる凡走であれば、“適距離”での好走があっても驚けない。


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました