“穴馬予想”【オパールステークス・神無月ステークス・朝日岳特別】|2020年10月10日の注目馬

レース予想
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2020年10月10日の注目馬

京都

6R 3歳上1勝クラス ダート1400m 牝 定量

③トライハード

オリジナル競馬格言“競馬はスタミナのある馬が勝つの”該当馬。

前走の未勝利勝ちが、札幌ダート1700m戦の逃げ切り勝ち。

昇級壁なし。

11R オパールステークス 芝1200m 3歳上オープン ハンデ

⑥アマルフィコースト

⑧リバティハイツ

アマルフィコーストは、4走前の京都芝1400m戦“京都牝馬S”、前走の東京芝1400m戦“パラダイスS”の内容が秀逸。

先行してコンマ4秒差の惜敗であれば、今回の条件がベスト。

いずれも渋った馬場であったことを考えると、むしろ馬場レベルは問わないタイプとの見方も可能。

リバティハイツは、前走の中京芝1600m戦“中京記念”の内容が秀逸。

渋った馬場がどうかも、ハイペースを先行し、コンマ6秒差であれば、12着であっても、“負けて強し”の内容。

東京

8R 3歳上1勝クラス 芝1400m 定量

③アドマイヤチャチャ

⑤タマノジュメイラ

アドマイヤチャチャは、3走前と前走の内容が秀逸で距離短縮歓迎。

3走前の未勝利勝ちが不良馬場で、渋った馬場の適性あり。

タマノジュメイラは、前々走の新潟芝1400m戦の内容が秀逸。

上り最速のコンマ3秒差であれば、展開次第で浮上。

10R 神無月ステークス 3歳上3勝クラス ダート1600m ハンデ

⑤オメガレインボー

⑮ケルティックソード 

2頭の共通点は、前走がダート1700m戦で今回が昇級戦であること。

そして、先行押切での勝利。

東京コースのダートは末脚重視が鉄則だが、距離短縮のアドバンテージを活かした粘り込みに期待。

12R 3歳上2勝クラス ダート1400m 定量

⑮シセイタケル

前々走の東京ダート1600m戦の内容が秀逸。

上り2位タイの末脚でコンマ2秒差の4着。

ゲート互角であれば。

新潟

12R 朝日岳特別 3歳上1勝クラス 芝1200m 定量

②キョシンタンカイ

初芝となった、前々走の内容が秀逸。

東京芝1400m戦を先行し、コンマ4秒差の6着。

距離短縮歓迎。


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました