“穴馬予想”【セプテンバーステークス】|2020年9月12日の注目馬

レース予想
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2020年9月12日の注目馬

中山

10R セプテンバーステークス 3歳上3勝クラス 芝1200m 定量

④ペイシャドリーム

⑦サンノゼテソーロ

ペイシャドリームは、3走前の東京芝1400m戦“由比ヶ浜特別”の内容が秀逸。

先行し、1分20秒1の走破時計で勝ち馬とはタイム差なし。

得意の1200m戦であれば、一発があっても。

サンノゼテソーロは、近3走が不甲斐ない結果も、現級通用の能力あり。

初ブリンカーの一変に期待。

11R 紫苑ステークス 3歳オープン 芝2000m 牝 馬齢

⑱パラスアテナ

前々走の東京芝1800m戦“カーネーションカップ”の内容が秀逸。

高速馬場とは言え、1分45秒9の走破時計は特筆に値するもの。

馬場が渋った場合は割引が必要だが、前走の福島芝1800m戦“ラジオNIKKEI賞”で1番人気に推された実力を発揮したいところ。

12R 3歳上2勝クラス ダート1200m 定量

①レヴァンテ

⑩モリトユウブ

レヴァンテは、4走前と5走前の内容が秀逸。

東京ダート1300m戦と1400m戦を先行し、いずれもコンマ5秒差の惜敗。

1勝クラスを突破した、中山ダート1200m戦で本領を発揮したいところ。

休み明けを苦にしないようであれば。

モリトユウブは、近走が冴えないものの、4走前と5走前の内容が秀逸。

特に4走前の中山ダート1800m戦“市原特別”で先行し、コンマ4秒差5着の惜敗。

距離短縮歓迎。


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました