“穴馬予想”【セントウルステークス・京成杯オータムハンデ】|2020年9月13日の注目馬

レース予想
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2020年9月13日の注目馬

中京

10R ムーンライトハンデ 3歳上3勝クラス 芝2200m ハンデ

⑬ハンターバレー

1勝クラス勝ちの舞台に戻り、条件ベスト。

前走と前々走では、当ブログの注目馬として挙げるも、渋った馬場で実力を発揮できず。

良馬場で見直し。

11R セントウルステークス 3歳上オープン 芝1200m 別定

④ラヴィングアンサー

③メイショウグロッケ

ラヴィングアンサーは、近3走の内容が秀逸。

前走の新潟芝1400m戦“朱鷺S”で8着に敗れていることから、人気薄となっている模様。

着差は僅かにコンマ3秒差で、上り2位タイの末脚であったことを考えると、人気を落としすぎ。

1400mでも好走できるが、1200mの方がより切れ味が増すタイプで期待大。

メイショウグロッケは、距離短縮歓迎。

初の1200mとなるが、不安よりも期待の方が大きい。

前走の新潟芝1600m戦“関屋記念”では、コンマ7秒差8着も、距離短縮のアドバンテージを活かせば、一発があっても驚けない。

中山

11R 京成杯オータムハンデ 3歳上オープン 芝1600m ハンデ

⑦ジャンダルム

⑪ラセット

ジャンダルムは、昨年同レースの3着馬で、超高速馬場を先行し、1分30秒9の走破時計を計時。

馬場が回復し、高速化するようであれば、持ち時計のある同馬が穴馬として浮上。

ラセットは、差しが利くようであれば、出番あり。

かなりの“切れ者”。

12R 3歳上2勝クラス 芝1200m 定量

⑪ココフィーユ

前走と4走前では、1400m戦を先行し、いずれもコンマ4秒差の惜敗。

初の1200mとなるが、距離短縮歓迎。

急坂を克服できれば。


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました