“穴馬予想”【大阪スポーツ杯】|2020年7月4日の注目馬

レース予想
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

阪神

11R 大阪スポーツ杯 3歳上3勝クラス ダート1400m ハンデ

③マッスルビーチ

⑫ゴールドラグーン

マッスルビーチは、1800m戦では若干パンチ不足の感が否めない。

距離短縮による一変に期待。

ゴールドラグーンは、前走も注目馬として挙げるも不可解な最下位着順。

5走前、不良馬場の小倉ダート1700m戦を逃げ切っており、そのレースが再現できれば。

福島

10R 松島特別 3歳上2勝クラス 芝1800m 牝 定量

⑫ナリス

力上位は明らかなだけに、馬場レベルと差しが決まる展開になるかが鍵。

12R 3歳上1勝クラス 芝1200m 定量

⑤シコウ

⑬ジャッキー

2頭とも、距離短縮歓迎。

“稍重”であれば好走の余地はありそうだが、それ以上悪化した場合がどうか。

函館

11R TVh杯 3歳上3勝クラス 芝1200m 定量

④シュエットヌーベル

前走では、異次元の末脚を発揮し、コンマ4秒差の圧勝。

展開待ちのキャラクターで全幅の信頼は置けないものの、前々走もコンマ3秒差で差のない競馬。

展開さえ向けば、昇級戦でも。


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました