“穴馬予想”【日本海ステークス】|2020年8月22日の注目馬

レース予想
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2020年8月22日の注目馬

小倉

7R 3歳未勝利 芝1200m 馬齢

③メイショウコホク

初ブリンカーとなった前走が好内容。

稍重馬場の新潟芝1400m戦を逃げ、コンマ3秒差の3着。

馬場レベルを考慮すれば、走破時計の1分22秒3は優秀。

距離短縮歓迎で、オリジナル競馬格言“競馬はスタミナのある馬が勝つ”の該当馬。

11R 佐世保ステークス 3歳上3勝クラス 芝1200m 定量

①アテンフラワー

4走前と前走が着差以上の強い勝ち方。

良績のない小倉コース、しかも昇級戦と条件は厳しいが、時計を詰めることができれば。

新潟

11R 日本海ステークス 3歳上3勝クラス 芝2200m 定量

⑩ヒュミドール

⑭ナムラドノヴァン

ヒュミドールは、新馬戦以来の“芝”となった前走で好走。

時計勝負となった場合にどうかという課題はあるものの、前走の最終コーナーでの距離ロスを考慮すれば、力上位の見立ても可能。

昇級戦でも侮れず、オリジナル競馬格言“条件変わりで激走した馬は、その後も好走を続ける”の該当馬。

ナムラドノヴァンは、芝2200mを得意とするサウスポー。

叩き2戦目の上積みに期待。


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました