“穴馬予想”【武蔵野ステークス・ユートピアステークス】|2020年11月14日の注目馬

レース予想
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2020年11月14日の注目馬

阪神

7R 3歳上1勝クラス ダート1400m 定量

⑨トライハード

⑭ブロッコリー

2頭とも、オリジナル競馬格言“競馬はスタミナのある馬が勝つ”の該当馬。

近走のダート1700m戦が好内容で、距離短縮歓迎。

東京

10R ユートピアステークス 3歳上3勝クラス 芝1800m 牝 定量

⑤ローズテソーロ

⑩ナルハヤ

ローズテソーロは、一時期不調も、前走の東京芝1800m戦“キタサンブラックM”が、上り最速タイで見せ場十分のコンマ3秒差4着。

1勝クラスの新潟芝1800m戦“両津湾特別”では、“ドナアトラエンテ”を完封。

復調濃厚の今なら逆襲があっても。

ナルハヤは、前々走の阪神芝2000m戦“マーメードS”の内容が秀逸。

ミドルペースで逃げ、コンマ4秒差の4着であれば、逃げ切りがあっても。

余力を残す、“逃げ”が決まれば。

11R 武蔵野ステークス 3歳上オープン ダート1600m 別定

⑫ソリストサンダー

⑮レピアーウィット

ソリストサンダーは、自慢の末脚を活かせる舞台に変わって、どこまで。

レピアーウィットは、前走の中山ダート1800m戦“ラジオ日本賞”の内容が秀逸。

先行しながら、上り2位の末脚を発揮。

先行、差しのどちらでも勝負できる自在性が魅力。


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました