“穴馬予想”【長岡ステークス】|2020年9月5日の注目馬

レース予想
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2020年9月5日の注目馬

小倉

11R テレQ杯 3歳上3勝クラス 芝1200m ハンデ

⑭イオラニ

小倉芝のレースは、開幕週から差し馬が台頭。

持ち時計がないだけに、馬場が渋るのは歓迎。

末脚が発揮できれば、前々走の再現があっても驚けない。

新潟

11R 長岡ステークス 3歳上3勝クラス 芝1600m 定量

②ロフティフレーズ

好位で立ち回れる器用さが魅力。

新潟芝の成績が0003と冴えないが、1800mからの距離短縮であれば、好勝負可能。

前々走のように、脚を溜めることができれば。

札幌

10R 札幌スポニチ賞 3歳上2勝クラス 芝1200m 定量

⑥アスタービーナス

1勝クラスを突破した、3走前の福島芝1200m戦がコンマ4秒差の圧勝。

現級では、前走の函館芝1200m戦“HTB杯”が秀逸の内容で、上り最速のコンマ5秒差4着。

札幌芝は初めてとなるが、大箱コースを味方に末脚を活かす競馬で。

12R 日高ステークス 3歳上3勝クラス 芝1500m 定量

④シュエットヌーベル

⑪カフジジュピター

シュエットヌーベルは、鋭い末脚を活かしたいが、1200mは忙しい印象。

距離延長が向く可能性に期待。

カフジジュピターは、前々走の福島芝2000m戦“阿武隈S“の内容が秀逸。

好位で立ち回り、コンマ2秒差の惜敗であれば、距離短縮歓迎。


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました