“穴馬予想”のレース回顧|ダート馬“シヴァージ”の台頭

レース回顧

昨日は、北九州短距離Sを勝った、“シヴァージ”が印象に残りました。


前々走の初芝で凡走したにもかかわらず、前走の淀短距離Sでは、2番人気に推され、上り最速のコンマ2秒差、4着でした。


この時、2番人気に推されている状況を見て、危険な人気馬としてマークしていましたが、結果は内容のある惜敗で、2番人気は伊達ではないと確信しました。

北九州短距離Sでは、上り最速で1番人気に応えましたが、最も評価しているのは、重馬場にもかかわらず好走したことです。

時計勝負になった場合、どのようなパフォーマンスになるのかは、注意しなければなりませんが、時計がかかる馬場では、信頼できる馬だと感じました。


高額配当を得る近道は、連勝式馬券を的中させることです。


そういう意味で軸馬の選定も重要になってきますので、信頼できる馬が1頭増えたことは収穫でした。


次走も注目です☆彡


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました