“穴馬予想”のレース回顧|ヴィクトリアマイル

レース回顧

昨日のヴィクトリアマイルは、断然1番人気の“アーモンドアイ”の圧勝でした。

走破時計が1分30秒6の超高速馬場で、2着とは4馬身差。

4番手の追走から、上り32秒9の末脚で楽に抜け出す展開。

これだけ強ければ、ケチの付けようがありません。

素直に“参りました“❕❕と言いたいです。

驚いたのが、“トロワゼトワル”です。

マイルは若干長いように思ったのですが、よく頑張っています。

中山芝のマイル戦、京成杯AHで1分30秒3の走破時計があり、高速馬場は得意なのでしょう。

先週日曜日のNHKマイルカップを勝った、“ラウダシオン”と馬キャラが被ります。

“トロワゼトワル”“ラウダシオン”は、イメージ的には芝1400mがベスト条件に思えますが、“高速馬場であれば、マイルをこなせるタイプ”のように思います。

この情報は、もしかしたら今後の穴馬券購入に役立つ可能性があります。

今年のヴィクトリアマイルで印象に残ったのは、“アーモンドアイ”と“トロワゼトワル”でした☆彡


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました