“穴馬予想”のレース回顧|阪急杯

レース回顧

昨日は、阪急杯を勝った、“ベストアクター”が印象に残りました。


このレースは、リピーターが好走することが多いと言われています。


今回は着外になりましたが、昨年の勝ち馬である、スマートオーディンが上がり最速のコンマ1秒差で4着でした。


直線が短い内回りの1400mということで、瞬発力不足の馬でも好走の余地があり、予想を難解なものにする原因になっています。


このように“クセのある条件”であることが、リピーターを生み出す原因ではないでしょうか。


今回勝った、ベストアクターの場合、直線の長い左回りで実績を残していることからも、瞬発力勝負を得意とするキャラクターと思っていましたが、真逆の条件、しかも強豪馬多数の中で勝ちました。


今後、短距離界を牽引する存在になる可能を秘めています。


次走が楽しみです☆彡


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました