“穴馬予想”のレース回顧|高松宮記念

レース回顧

逃げ・先行馬が不利と言われる、中京芝1200mにおいて、モズスーパーフレアが逃げ切ったことに驚きました。


このレースの1着から4着のうち、生粋のスプリンターは、同馬だけです。


今回のレースでは、スプリンターが勝ちましたが、2着から4着は、生粋のスプリンターではなく、1400mからマイルで活躍した馬です。


過去の投稿に、“スプリンターズSは、スプリンターでは勝てない”という記事があります。


この記事にあるように、ハイレベルなレースになれば、1200mにおいてもスタミナが重要になってきます。


まさに、オリジナル競馬格言“競馬はスタミナのある馬が勝つ”のようなレースだったと思います。


後付けになりますが、1着から4着の馬について、個人的な見解を述べていきます。

1着・・・モズスーパーフレア

◎右回りと左回りの違いはあるものの、下り坂から最後の直線では上り坂になる起伏は、得意とする中山コースに似通っており、快勝。

2着・・・グランアレグリア

◎マイル戦でも好走できるが、前向きな気性から、より短い距離がベスト。

3着・・・ダイヤトニック

◎ベストは、1400mからマイルだが、前走の阪急杯において、先行する競馬で新境地。

今回も先行する競馬で3着入線し、自在性のある脚質を確立。

4着・・・クリノガウディー

◎1着入線からの降着も、同馬の代名詞である、“ナタの切れ味”を披露。

前向きな気性とコース適性で好走。


結論としては、短距離であっても、競馬はスタミナのある馬が勝つということです。


馬の“スタミナ”を常に意識して予想することをおすすめします☆彡


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました