“穴馬券的中メソッド”|穴馬の見つけ方“序論”

攻略法

ご存知の方も多いと思いますが、競馬は馬券売上の25%が胴元の取り分で、残りの75%が的中者に配分される仕組みとなっています。

過去に投稿した記事にあるように、高額配当を得るには、周りと違う発想が求められます。

すなわち、“穴狙い”です。

私はWINSや競馬場には、数えるほどしか行ったことはないのですが、そこで感じたのは“罵声が多い”ことです。

馬券が不的中となったことに対し、騎手の名前を叫び、不満を述べるというものです。

おそらく、騎乗ミスが不的中となった原因で、自分は悪くないと言いたいのでしょう。

私が思うには、このような方々は、毎回同じセリフを言っているのではないでしょうか。

ここまでの内容を読んでいると、私がこのような方々を毛嫌いしているように思うかもしれませんが、全く逆です。

むしろ、“歓迎すべき存在”と考えています。

このような方々の存在は、穴党にとっては、好都合だからです。

決めつけになって申し訳ないのですが、騎手の名前を叫んでいる方々は、おそらく、競馬新聞の印どおりに馬券を購入している本命派でしょう。

皆様も同じように感じているものと思いますが、競馬新聞の印どおりに結着することの方が珍しいのではないでしょうか。

下品な表現になりますが、馬券売上の75%を奪い合うゲーム、それが競馬です。

高額配当を得るには、馬券に絡む穴馬をピックアップしなければなりません。

穴馬をピックアップする方法は、多種多様ですが、私は競馬新聞の馬柱に記載されている、紛れもない事実のみを基に穴馬を選んでいます。


穴馬の定義は、人によって異なると思いますが、私の場合は“おいしい負け方をした馬”と考えています。


この“おいしい負け方をした馬”とは、“着差は僅かで着順の良くない馬”のことを指します。

WINSや競馬場で騎手の名前を叫んでいる“歓迎すべき存在”の方々は、着順を重視しているのではないでしょうか。

着順を重視していては、周りと違う発想はできません。

着差が僅かで、着順の良くない馬がどのようなものかは、次回に記事を投稿します。


今回はこの辺で☆彡


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました