“穴馬券的中メソッド”|絶対不人気馬“フロンティア編”

全般

競馬界には、好走実績があっても人気になることが少ない“絶対不人気馬”が存在します。


お気に入りに登録している絶対不人気馬は、何頭かいるのですが、今回は、“フロンティア”という馬を取り上げます。


過去の記事に掲載している“絶対不人気馬”は、引退馬、もしくは引退間近の高齢馬でしたが、今回ご紹介する馬は、おそらく“現役最強”の“絶対不人気馬”です。(笑)

この馬の存在に気づいたのは、昨年7月14日に開催された、福島芝1200m戦のバーデンバーデンCの馬柱を眺めていた時です。


その時までは、この馬の存在は全く知りませんでしたが、11ヶ月の長期休養明けということもあり、人気薄(8番人気)でした。


過去の戦績を調べると、G3新潟2歳Sで優勝、G3ファルコンSでは、ミスターメロディーには敗れるも、コンマ2秒差の3着、G3中京記念では、グレーターロンドンには敗れるも、コンマ3秒差の4着という輝かしい戦績の持ち主でした。


長期休養明けが嫌われ、人気薄となっていたことは容易に想像できましたが、別格の能力を持つ同馬であれば、八分の仕上げでも十分に勝ち負けと考え、馬券を購入しました。


結果は、上り最速で追い込むも、コンマ1秒差、4着の惜敗でした。


負けはしたものの、長期休養明けでこれだけのパフォーマンスは素晴らしいと思い、すっかりこの馬に惚れこみました。


このレースから前走まで、5レースに出走していますが、すべてのレースにおいてこの馬の馬券を購入しました。


残念ながら、5レースのすべてが着外となり、投資金額は数万円に膨れ上がっています・・・(泣)


しかし、前々走のオーロCで見せた上り最速の33秒フラットは、震え上がる位の強烈な末脚でしたし、前走も上がり2位タイの素晴らしい末脚を見せました。


前走のリゲルSが、コンマ3秒差の4着であったため、次走での人気薄は見込めないかもしれませんが、3番人気以内にはならないものと考えています。


この馬の過去のレースを見る限りにおいては、左回りの軽い芝が合っているように思います。


ベスト条件は、東京芝のマイル戦と考えていますが、実は今週末の京都芝のマイル戦(洛陽S)に登録されています。


左回りではないものの、軽い芝のマイル戦ということで、好走の条件は整いました。


次走が楽しみです☆彡


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました