“穴馬券的中メソッド”|“穴馬券”の買い方

馬券術

今回は、“穴馬券”の買い方というテーマで、個人的見解を述べていきます。


ピックアップした穴馬を含む、“ワイド流し”と“三連複二頭軸総流し”をおすすします


穴馬をピックアップする方法と三連複二頭軸総流しについては、下段のリンクにある過去の投稿記事をご覧ください。

まずは、“穴馬券”の定義についてです。

“少ない投資で高い配当を得る”ことだと考えています。

よって、穴馬のピックアップは、必須となります。

投票するレースで、1頭の穴馬をピックアップできれば、高額配当も夢ではありません。

穴馬とは、人気薄の馬を指します。

人気薄になっている場合、不当な評価を受けている馬、何らかの課題を抱えている馬のどちらかに該当していると思います。

特に後者の場合は、1着よりも2着、2着よりも3着になりやすい馬ですので、3着を味方につける馬券を購入することが、“的中のコツ”です。

それが、“ワイド流し”と“三連複二頭軸総流し”です。

買い方は、以下のとおりです。

買い方 ~その1~

◎“堅軸として指名したい馬がいる場合”

その馬を軸として、穴馬1頭、もしくは数頭に流す。

買い方 ~その2~

◎“堅軸として指名したい馬がいない場合”

穴馬を軸として、好走しそうな馬1頭、もしく数頭に流す。

流す相手は、穴馬もあり。

※購入金額を抑えるため、流す相手は2頭以内がベター

※堅軸として指名したい馬がいなくて、穴馬以外に好走しそうな馬も見当たらない場合は、穴馬からの三連複一頭軸流しに変更

※自信がある場合は、ワイド流しと三連複二頭軸総流しを重ね買い

※自信がない場合は、購入金額を抑えるため、ワイド、三連複二頭軸総流しのいずれかを購入

※三連複二頭軸総流しは、明らかに凡走しそうな馬がいれば“、総流し”でなくても可(ただし、初芝/ダートの馬は消さないこと)

特に実践していただきたいのが、“三連複二頭軸総流し”です。

時に特大の場外ホームランが飛び出します

高額配当を得るには、予想と同様に馬券の買い方も非常に重要です。

馬券の買い方について詳しく解説している書籍の中で、おすすめできるのはこちらです。☟

今回の記事が、回収率向上の一助になることを願っています☆彡


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました