“穴馬券的中メソッド”|“穴馬券”の買い方

攻略法

前回の投稿記事では、ピックアップした穴馬を含む、“ワイド流し”と“三連複二頭軸総流し”について述べましたが、狙いたい穴馬が1頭のみで、堅軸として指名したい馬がいない場合は、穴馬からの“三連複一頭軸流し”をおすすめします。


この馬券メリットは、人気薄同士で決着した場合の高額配当”です。


ただし、流す相手の頭数によっては、投資額が増えるというデメリットもあります。


流す相手をある程度の頭数に限定することで、投資額を抑えつつ、相手が抜けた場合に備え、ワイド馬券を重ね買いすることをおすすめします。


堅軸として指名したい馬が見当たらない場合であっても、好走しそうな馬であれば、数頭はいるのではないでしょうか。


そのような馬を三連複一頭軸やワイドの流す相手にすれば良いと思います。


ピックアップした穴馬を軸とし、流す相手に2頭以上の穴馬を含めることで、“人気薄-人気薄-人気薄”の組み合わせで決着する可能性が発生します。


競馬では、1~3番人気の馬がいずれも着外となる可能性は、全体の5%程度と言われています。


それ故、人気馬と穴馬の組み合わせから流すことが多いのですが、時には人気薄同士の決着も発生します。


そのような時に威力を発揮するのが、三連複一頭軸流しです。


堅軸が見当たらない場合は、三連複二頭軸にこだわらず、三連複一頭軸を活用をすることが、“的中のコツ”です。


三連複一頭軸流しの相手頭数に応じた金額は、3頭で300円、4頭で600円、5頭で1,000円、6頭1,500円、7頭で2,100円、8頭で2,800円‥です。


高額配当を得るには、予想と同様に馬券の買い方も非常に重要です。


馬券の買い方について詳しく解説している書籍の中で、おすすめできるのはこちらです。☟


今回の記事が、回収率向上の一助になることを願っています☆彡


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました