“穴馬券的中メソッド”|競馬において距離短縮馬が有利な法則“エヴァキュアン・トップウイナー編”

攻略法

今回の記事は‥

“簡単な方法で穴馬をピックアップしたい”

しかも‥

“配当妙味のある穴馬券を的中させたい”

という方向けの記事です。

と言っても、怪しい教材を売りつけることはありませんので、ご安心を。(^^;;

先に結論を述べます。

⭐結論⭐




“距離短縮馬”を狙え❕❕です。





当ブログにおいて、繰り返し述べている“穴馬券的中メソッド”になります。

このメソッドは、芝・ダート兼用、しかも基本的にはコース不問です。

前走から距離短縮となり、今回出走する距離が1000m~1800mの人気薄が狙い目です。

例えば、前走が1600mのレース、今回が1400mに出走するなどです。

“距離短縮”の中でも、以下の条件が重なれば、さらに期待値が高まります。

追加条件

◎“逃げ・先行馬”

逃げ・先行馬であれば、前のポジションを確保することに長けている。

◎“ダート”

基本的に前が有利な傾向にある。

※東京コースのダートは、差しが決まりやすい傾向にありますので、注意が必要。

◎“京都コース”

前半に上り坂があるため、ペースが上がりにくい傾向にある。



ここまでの説明で感じることとして、距離短縮によってペースが早くなり、追走に苦労するのではないかという疑問です。

確かに、ごもっともなご指摘だと思いますが、逃げ・先行馬であれば、ペースが上がったとしても、追走に苦労することは稀です。

仮に中段での位置取りになったとしても、距離短縮により、スタミナがセーブされているわけですから、末脚に期待が持てます。

中には、ハナを切れなかったことにより、やる気をなくす馬もいますが、距離短縮により、スタミナに余裕が持てることは間違いありません。

内容を総合すると、以下の条件に当てはまる人気薄が、“激アツ”の狙い目です。

⭐️まとめ⭐️

逃げ・先行馬の人気薄が、距離短縮で京都コースのダート戦に出走する場合。

実例1 エヴァキュアン

福島コース 4歳上1勝クラス ダート1700m 2020年4月18日☔‐稍重‐

12番人気、6着(15頭) 

①①①①‐⑥ 逃げ 1分47秒7(上り:40秒2)

ハイペースの厳しい流れを逃げ、着差は僅かコンマ6秒差

福島コース 4歳上1勝クラス ダート1700m 2020年5月3日☀-良-

6番人気、3着(11頭)

①①①①-③ 逃げ 1分48秒9(上り:39秒2)

ミドルペースを逃げ、コンマ4秒差で3着入線。(前走よりもペースが緩み、好走)

近2走で着差は僅かコンマ6秒差とコンマ4秒差。。。今回のダート1400mであれば、300mの距離短縮。。。しかも逃げ馬。。。これは激アツ❕❕

当ブログの注目馬として挙げたところ・・・

京都コース 4歳上1勝クラス ダート1400m 2020年5月23日☀-良-

6番人気、2着❕❕(16頭) ※💰複勝:470円

①①-➁ 逃げ 1分24秒5(上り:38秒4)

300mの距離短縮も、追走に苦労するどころかハナを切ってコンマ3秒差粘り込み

実例2 トップウイナー

京都コース 4歳上2勝クラス ダート1800m 2020年2月22日☁‐不良‐

6番人気、2着(16頭)

③③③➁‐➁ 先行 1分49秒8(上り:36秒8)

ミドルペースで先行し、勝ち馬とはタイム差なし

中京コース 4歳上2勝クラス ダート1800m 2020年3月14日☁‐稍重‐

1番人気、1着(16頭)

➁➁➁➁‐① 先行 1分52秒2(上り:36秒8)

ミドルペースで先行押切勝ち

1800mで先行押切勝ちか。。。600mの距離短縮。。。スタミナを味方に好走間違いなしだな。。。昇級戦でも勝てる♬

当ブログの注目馬として挙げたところ・・・

京都コース 4歳上3勝クラス ダート1200m 2020年5月23日☀‐良‐

8番人気、1着❕❕(16頭) ※💰単勝:2,060円、複勝:590円

➁➁‐① 先行 1分10秒1(上り:35秒2)

600mの距離短縮も、追走に苦労するどころか2番手からの先行押切勝ち

距離短縮そのものが期待値の高い狙い目となりますので、前述の“まとめ”とは条件が異なっていたとしても、十分に狙う価値はあります

今回の記事では、実例は2つしか挙げていませんが、似たような実例は他にもありますので、下段のリンクをご覧ください。☟

今回の記事がきっかけで、回収率向上の一助になれば、幸いです☆彡


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました