【攻略法】競馬において距離短縮馬が有利な法則“クリノガウディー編”

攻略法

当ブログでおすすめしている、穴馬の見つけ方の一つに、“逃げ・先行馬の距離短縮”があります。


個人的な見解では、これに該当する馬が最も期待値が高いと考えています。


今年の高松宮記念において、降着にはなったものの、1着入線した、“クリノガウディー”が該当します。


朝日杯FSでは、先行脚質を活かして連対し、穴を開けました。


東京新聞杯においても、先行馬に不向きと言われている、東京コースのマイルでも3着でした。


前走の阪急杯では、距離短縮となる1400m戦となるため、自信をもって注目したものの、直線で失速し、コンマ4秒差の7着でした。


直線が長い東京コースのマイル戦でも失速しなかった同馬の凡走には、大変驚きました。


高松宮記念の舞台である、中京芝1200mは、短距離にしては珍しく、逃げ・先行馬が苦戦を強いられるコースです。


短距離にしては直線が長いため、逃げ切りや先行押し切りが難しくなるからです。


“クリノガウディー”の場合、先行馬とは言え、大幅な距離短縮となるため、1200m戦のペースでは、中段か中段より前での競馬になるものと予想していました。


この位置取りであれば、好位からの差しに期待が持てます。


距離短縮となった阪急杯での凡走は不可解でしたが、中京芝の1200mであれば、絶好の位置取りからの差しが決まるという見立てどおり、見事に1着入線‥


残念ながら、他馬の進路を妨害したとして、降着になりましたが、予想は的中したと思っています。


まさに、“逃げ・先行馬の距離短縮”が功を奏した形です。


実際には思っていたよりも、前での競馬になりましたが、最後まで失速しなかったのは、マイル戦でも先行押し切りが可能なほどのスタミナがあるからです。


このことは、オリジナル競馬格言“競馬はスタミナのある馬が勝つ”にも繋がります。


競馬番組の中で、競馬評論家の坂口正大氏が“グランアレグリア”を推していました。


理由として挙げていたことは、“前向きな気性であるため、距離短縮が向く”というものでした。


このことは、“クリノガウディー”にも言えることで、“逃げ・先行馬の距離短縮”が有効な戦略であることを裏付けています。


皆様はどのように感じたでしょうか☆彡


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました