【攻略法】“芝”の高速馬場における前残りと狙うべき穴馬の選び方とは

攻略法

今回の記事は、レース結果から穴馬の好走要因を検証する内容です。


完全に後付けです。(^^;;


とは言え‥


今後の“穴馬券的中メソッド”に活用できる内容ですので、ぜひ最後までご覧ください。

⭐結論⭐

前が有利な高速馬場では、距離短縮の逃げ・先行馬を狙え❕❕です。


以下、結論の具体例な説明です。

検証するレースは、2020年5月31日の東京10R“むらさき賞”です。

穴馬の3頭が馬券に絡む“大波乱”でした。

当日の馬場レベルと有利な脚質から検証していきましょう。

結果から言いますと、“逃げ・先行馬”が有利と思える高速馬場でした。

2020年5月31日(日)東京コースのレース傾向 ☁‐良‐

4R 3歳未勝利 芝2000m 馬齢

1着 3枠5番 アストンクリントン 2番人気

⑥⑥⑤‐① 差し 2分00秒8(上り:33秒9)

2着 6枠11番 ソードライン 1番人気

④④③‐➁ 先行 2分00秒8(上り:34秒1)

3着 5枠10番 ニシノアクシス 3番人気

③③③‐③ 先行 2分01秒3(上り:34秒7)

先行馬が2、3着❕❕

7R 4歳上1勝クラス 芝1600m 定量

1着 6枠10番 ノヴェッラ 6番人気

①①‐① 逃げ 1分33秒8(上り:34秒0)

2着 7枠11番 アルママ 3番人気

➁➁‐➁ 先行 1分33秒8(上り:33秒8)

3着 6枠9番 フィリアーノ 4番人気

④③‐③ 先行 1分34秒0(上り:33秒8)

逃げ・先行馬が上位を独占❕❕

8R 青嵐賞 4歳上2勝クラス 芝2400m 定量

1着 5枠5番 セントレオナード 1番人気

⑨⑨⑩⑩‐① 追込 2分24秒6(上り:34秒2)

2着 4枠4番 ドリームスピリット 9番人気

④④⑤⑤‐➁ 差し 2分24秒6(上り:34秒9)

3着 7枠9番 エフェクトオン 2番人気

⑦⑧⑧⑥‐③ 差し 2分25秒0(上り:34秒9)

長丁場になると、スローペースになりやすいのか。。。

それで差しが決まる展開が多いのか。。。

10R むらさき賞 4歳上3勝クラス ハンデ

1着 8枠14番 ウインガナドル 7番人気

➁①①‐① 逃げ 1分46秒0(上り:33秒9)

2着 4枠5番 ゴールドスミス 11番人気

⑥⑤⑤‐➁ 差し 1分46秒1(上り:33秒6)

3着 3枠3番 モンテグロッソ 9番人気

①➁➁‐③ 逃げ 1分46秒1(上り:33秒9)

逃げ馬が1、3着❕❕

“むらさき賞”好走馬の近走

ウインガナドル

福島12R 4歳上3勝クラス 芝2000m 定量 2020年4月25日(土)☀‐良‐

3番人気、10着

③③⑥⑨‐⑩ 追込 2分1秒0(上り:35秒9)

勝ち馬とは1秒差以上離され、大敗。

東京10R アメジストS 芝2000m 定量 2020年2月23日(祝)☀‐良‐

4番人気、2着❕❕

①①①‐➁ 逃げ 2分2秒3(上り:34秒2)

最後に差されたものの、見事な逃げ粘り。

中山9R 初富士S 芝1800m ハンデ 2020年1月19日(日)☀‐稍重‐

5番人気、4着

①①①①‐④ 逃げ 1分49秒7(上り:35秒1)

馬券圏内には逃げ切れなかったものの、勝ち馬とは僅かコンマ3秒差

“ウインガナドル”は、特に“アメジストS”のレース内容がイイね☆彡

モンテグロッソ

中山9R スピカS 芝2000m ハンデ 2020年3月15日(日)☀‐稍重‐

4番人気、6着

③③③③‐⑥ 先行 2分1秒9(上り:36秒1)

先行し、粘り切れなかったものの、勝ち馬とは僅かコンマ3秒差

中山12R 4歳上2勝クラス 芝2000m 定量 2020年1月6日(月)☀‐良‐

2番人気、1着

⑤⑤➁➁‐① 先行 2分2秒6(上り:35秒3)

先行押切勝ち

“モンテグロッソ”は、芝2000mで好走。。。距離を短縮すれば。。。

さらに良くなりそう♬。。。


上位人気の3頭には、しっかりとした買材料がありました。

その馬たちが着外となったことで、“大波乱”の結着となりました。

このレースについては、“注目馬”を挙げていませんでした。

理由は、人気の3頭が上位を独占する堅い結着と予想していたからです。

しかし、馬券に絡んだ穴馬3頭の馬柱を精査すると、どの馬もそれなりに買材料のある馬たちでした。

距離短縮により、走破に必要なスタミナがセーブされ、逃げ・先行馬の粘りが増した結果、“大波乱”の結着になったものと解釈しています。

高速馬場で前が有利という判断ができれていば、違ったアプローチができていたのかもしれません。

このレースを的中させることは困難ですが、

“馬場レベルと脚質の有利・不利の見極めが大切”



と感じたレースでした。

高速馬場で前が有利と気づくことができれば、思わぬ穴馬の発見につながる可能性があります。

今回の記事がきっかけで、回収率向上の一助になれば、幸いです☆彡


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました