“穴馬券的中メソッド”|“馬連の万馬券”が的中した理由

攻略法

2020年4月19日、阪神最終レースの2勝クラス、ダート1200m戦で2万円オーバーの馬連が的中しました。


オリジナル競馬格言“競馬はスタミナのある馬が勝つ”が正しいことを証明したレースでしたので、ご紹介したいと思います。


1着が当ブログの注目馬として挙げた、12番人気のプリカジュール、2着が5番人気のタイセイビルダーでした。


プリカジュールは、福島のダート1700m戦を逃げ切ることで、未勝利戦と1勝クラスを勝ち上がった馬でした。


タイセイビルダーも、阪神2勝クラスのダート1800m戦を逃げ、コンマ1秒差で3着の実績があった馬でした。


いずれも“大幅な距離短縮”で結果を残しました。


過去に投稿した記事にあるように、“逃げ・先行馬の距離短縮”が最も期待値が高いと考えています。


逃げ・先行馬の場合、大幅な距離短縮であっも追走に苦労することが少ないように思います。


急流のペースに戸惑い、中段でのレースを余儀なくされたとしても、距離短縮となっている分、スタミナに余裕があるので、ゴール前での末脚に期待が持てます。


逃げ・先行馬がゲートで出遅れたにもかかわらず、意外にも最後に鋭い末脚を繰り出して好走する場面を一度は目撃したことがあるのではないでしょうか。


この現象が示していることは、“余ったスタミナは、瞬発力に変換される”ということです。


つまり、距離短縮によって、以下のことが発生しやすくなります。

逃げ・先行のレース展開となった場合

◎逃げ切りや先行押し切りに期待が持てる。

差しのレース展開となった場合

◎末脚が鋭くなり、差し切りに期待が持てる。


以上のことから、“距離短縮馬”が激アツなのです。


この“穴馬券的中メソッド”は、芝・ダート兼用です。


ダートは概して前が有利な傾向にありますので、逃げ・先行馬の距離短縮を狙う場合、ダートの方がより期待値が高くなります。


今後のレースを“距離短縮”という視点で見ることによって、何らかの“気づき”があることは、私が約束します☆彡


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました