“穴馬券的中メソッド”|2020年マイラーズカップの穴馬“べステンダンク”の激走

攻略法

2020年のマイラーズカップは、1着が1番人気のインディチャンプ、3着が2番人気のヴァンドギャルドでしたので、穴馬で入線したのは、“ベステンダンク”のみでした。


当ブログでは、当該レースの注目馬として、1頭を挙げました。


それが、“ベステンダンク”です。


競馬新聞に掲載されていた弱気な陣営のコメントが気になりましたが、同馬の力を発揮できれば、馬券圏内と思っていました。


“3走前、4走前のレースが再現できれば、後続馬に脚を使わせないことが可能”という理由で注目馬としました。


実際に3着以下を大きく突き放しての連対でしたので、予想どおりの結果と言えます。


過去に投稿した記事にあるように、“逃げ・先行馬の距離短縮”が最も期待値の高い、“激アツ”パターンです。


先行力に魅力を感じていた、“ベステンダンク”は、その条件に該当する典型的な穴馬でした。


距離短縮によって、レースを走破するために必要なスタミナがセーブでき、激走することが可能になるのです。


3走前が京都芝1800mのカシオペアS、4走前が小倉芝1800mの小倉日経OPで、いずれもミドルペースでの先行押し切りでした。


2レースとも着順こそ2着でしたが、今回のマイル戦では、200mの距離短縮となるので、パフォーマンスがアップするのは明らかでした。

距離短縮で馬の負担が軽くなるのか☆彡・・・


陣営の弱気なコメントの理由は、“出走メンバーが強力すぎて強気にはなれない”というものでしたが、強力なメンバーが相手でも、力技でねじ伏せる先行力を発揮してしてくれるものと信じていました。


1800mでも失速することなく先行力を発揮できている訳ですから、マイルになれば、より強い相手でも好走が可能と言うことです。


“逃げ・先行馬の距離短縮”という理由だけでも注目に値しますが、その他にも、マイル戦で10連対、京都コースでも10連対の輝かしい戦績があり、馬場状態も良好ということで、激走条件が揃っていました。


これだけ条件が揃っていても人気薄であったことを考えると、世間の競馬ファンは、競馬新聞の馬柱に注目していないことがわかります。


世間の競馬ファンが馬柱に注目していないのであれば、“チャンス”です。


“人と同じことをしていては、成功することはできない”という言葉は聞いたことがあると思います。


それは、競馬においても同様です。


世間の競馬ファンが馬柱に注目していないからこそ、馬柱に注目することに価値があるのです。


馬柱に注目しつつ、“逃げ・先行馬の距離短縮”を意識すれば、“穴馬券的中”も夢ではありません。

⭐️今回のまとめ⭐️


◎距離短縮は“武器”になる。


◎特に“逃げ・先行馬の距離短縮”は期待値が高い。


◎下馬評に惑わされることなく、距離適性やコース適性など、馬柱に記載されている“紛れもない事実”に注目する。

距離短縮が“激アツ”だよ☆彡


是非、意識してもらいたいものです☆彡


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました