“穴馬券的中メソッド”|競馬において“条件変わりで激走した馬が好走を続ける”法則

攻略法

オリジナル競馬格言に“条件変わりで激走した馬は、その後も好走を続ける”というものがあります。


競馬に“マグレ”はなく、“激走すれば、条件が合っていると判断すべき”という意味です。


今回は、その実例を紹介します。


“クリンチャー”です。


芝では、京都記念で1着、菊花賞で2着、天皇賞(春)で3着という、素晴らしい成績を持っている馬です。


近走では凡走続きのため、ダートに転向しました。


初ダートとなった仁川Sでは、上がり最速でコンマ1秒差の2着でした。


初ダートにもかかわらず、3番人気でしたので、人気に応えた形です。


次走のマーチSでは、メンバーレベルが強化されたこともあり、4番人気となりましたが、上がり最速タイ、しかもタイム差なしの2着でした。


オリジナル競馬格言にあるように、距離が大幅に変わらない限りは、次走も好走する可能性が濃厚と考えています。


仮に1番人気とならなければ、信頼の置ける軸というだけでなく、“配当妙味”も期待できます。


オリジナル競馬格言“条件変わりで激走した馬は、その後も好走を続ける”


このことを意識してレース結果を見ていただければ、あながち間違っていないことが実感できると思います。


該当馬の人気を見れば、世間の競馬ファンがこの事実を認識していないと感じることでしょう。


このオリジナル競馬格言が、回収率向上の一助になれば、幸いです☆彡


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました