【攻略法】競馬予想・穴馬予想に役立つ“京都芝1200m戦”の激走パターン まとめ3選

攻略法

これまでの経験をもとに、穴馬の“激走”パターンを独自の視点でまとめてみました。

まずは、コースの特徴から☆彡

コースの特徴

このコースの最大の特徴は、スタート直後から上り坂が続くことです。

短距離の割にペースが上がりにくいのは、この上り坂によるものです。

  • スタート直後から上り坂。
  • 最後の直線は平坦で瞬発力が求められる場合もあり。
  • 基本的には、“軽い芝”を得意とする馬が有利。

⭐️まとめ⭐️

◎逃げ・先行馬の距離短縮

1400m~1600mで惜敗した馬の距離短縮が狙い目です。

前半が上り坂となるため、ペースが上がらず、距離短縮馬であっても追走に苦労することが少ないと思います。

距離短縮馬は、1200mを中心に出走している馬よりもスタミナを有している場合が多く、逃げ切りや先行押し切りに期待が持てます。

◎瞬発力

統計的なデータ上では、逃げ・先行馬が有利とされていますが、ゴール前の直線が短いにもかかわらず、意外に瞬発力も求められます。

短距離ですので、長く良い脚を使う必要はなく、“一瞬の脚”でも有効な武器になります。

瞬発力勝負となった、2020年の京阪杯とシルクロードSが典型例です。

スピード自慢の“モズスーパーフレア”が敗退し、末脚を活かした馬が上位を独占しました。

データ上では、逃げ・先行馬が有利であっても、これらのレース映像を観ることで、瞬発力勝負となるケースが意外と多いことに気づくと思います。

◎急坂コースに苦戦している馬の巻き返し

パワーが求められる重い芝の急坂コースで苦戦している馬が、京都のような軽い芝の平坦コースで好走する場合があります。

条件変わりによる、巻き返しです。

阪神、中山、中京で惜敗している馬が狙い目となります。

⭐️最後に⭐️

京都コースは、一般的には“軽い芝”に属し、時計が速いことが特徴に挙げられますが、近年では、開幕馬場にもかかわらず、時計がかかっている場合もあり、単純に“軽い芝”とは言えない状況です。

そのような時計がかかっている馬場では、スタミナを有している馬が有利になりますので、“距離短縮馬”に注目することをおすすめします。

今回の記事がきっかけで、回収率向上の一助になれば、幸いです☆彡


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました