“穴馬予想”【淀短距離ステークス】|2020年1月11日の注目馬

レース予想
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

京都

4R 3歳1勝クラス ダート1200m 馬齢

アナザーエンド

走破時計は物足りないものの、安定した末脚が魅力。

相手なりに走ることができれば。

10R 逢坂山特別 芝1800m 4歳上2勝 定量

⑧メイケイゴールド

ショウナンバルディ

先行馬には向かない条件だが、2頭とも距離短縮歓迎。

スタミナを武器に馬券圏内も。

11R 淀短距離ステークス 芝1200m 4歳上オープン 別定

④ボンセルヴィーソ

ロジクライ

2頭とも京都コース独特の“起伏”の恩恵あり。

2頭とも1400mが適距離であるが、京都コースの場合、前半に上り坂があり、1200mの割に急流にならないのが特徴。

距離短縮はマイナスにはならないが、追走に苦労することだけは避けたいのが陣営の本音だろう。

それがコース独特の“起伏”が味方し、さらに直線で馬群がバラける特徴もあるため、最後の一押しも効きそう。

特にロジクライに関しては、シンザン記念の覇者であることをお忘れなく。

中山

9R 朱竹賞 芝1200m 3歳1勝 馬齢

エイリアス

新馬戦が札幌芝1500mでの差し切り勝ち、その後の2走が距離適性が合わなかったのと、不良馬場。

前走のレース内容から適距離で再度の好走必至。

12R 4歳上1勝クラス 芝1600m 定量

サンディレクション

中京芝マイルでの前走がコンマ2秒差。

コース変わり歓迎。

前走、サトノマックスとの着差がコンマ1秒なら、評価を下げる理由が見当たらない。

気持ちよく走ることができれば。

乞うご期待!


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました