“穴馬予想”【初春ステークス】|2020年1月13日の注目馬

レース予想

京都

6R 3歳1勝クラス ダート1400m 牝 馬齢

ハイアーグレード

距離短縮歓迎。

7R 4歳上1勝クラス ダート1200m 定量

クリノビッグサージ

4走前の未勝利戦で阪神ダート1400mに出走し、着差こそコンマ7秒差も1200m付近では手応えあり。

前走の敗退が休み明けの影響であれば、今回好走しても。

9R 乙訓特別 4歳上2勝 芝1200m 定量

①キョウワヒラリー

シグナライズ

キョウワヒラリーの芝1200mのベストパフォーマンスは、中京コースの1分8秒6のコンマ4秒差5着。

内容は平凡も、差し馬天国の中京で先行して大敗しなかったことから京都コースならば、前残りも。

シグナライズは、末脚を活かすことができれば侮れない。

10R 寿ステークス 4歳上3勝クラス 芝2000m ハンデ

アシュリン

前走の東京芝2000mの走破時計が、1分59秒3でコンマ3秒差。

内回りの京都コースであれば、主役を張れる。

11R すばるステークス 4歳上オープン ダート1400m 別定

②ナムラミラクル

オールポッシブル

ナムラミラクルは、距離短縮歓迎。

オールポッシブルは、芝・ダート兼用で、今日のような渋ったダートなら一発があっても。

中山

7R 4歳上1勝クラス ダート1200m 定量

コウユークロガヨカ

持ち時計がないのが気になるが、東京ダート1300mでの好走があることから、距離短縮歓迎。

中山のダート実績も0210が光る。

10R 初春ステークス 4歳上3勝クラス ダート1200m ハンデ

①アーバンイェーガー

ラレータ

2頭とも左回りに良績があるタイプだが、距離短縮を武器に粘り込めれば。

11R フェアリーステークス 3歳オープン 芝1600m 牝 別定

ウインドラブリーナ

時計平凡も、新馬戦と前走がミドルペース、前々走がハイペースと緩んだレースなし。

前々走、後方から脚を溜める競馬を選択したが、最終コーナーで大きく膨らみ絶望的な距離ロスがありながら、上り最速でコンマ2秒差の2着。

京都内回りコースの直線距離を考えるとかなりの切れ者。

前走もタフな中京芝のマイルを上り2位の末脚で勝利。

小柄な牝馬だけに輸送が心配だが、末脚が活きる展開ならば、一発があっても。

乞うご期待!


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました