“穴馬予想”【京都金杯】|2020年1月5日の注目馬

レース予想
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

京都

10R 門松ステークス ダート1200m 4歳上3勝 定量

ロードラズライト

ォルツァエフ

いずれも距離短縮歓迎。

ロードラズライトは、前々走の条件変更で激走。

その時に計時した1分11秒1は、同日同条件の西陣Sよりもコンマ2秒速く、再度、京都ダートの1200mでの好走に期待。

フォルツァエフは、ダートの1700mで先行して好成績を収め、距離短縮で臨んだ1300mで2勝クラスを突破。1200m独特の急流に戸惑わなければ。

11R 京都金杯 芝1600m 4歳上オープン ハンデ

⑨ストロングタイタン

⑭ブレステイキング

いずれも適距離。

2頭とも2000mの芝を中心に出走。

ストロングタイタンの前走は、脚をためる競馬で新境地をみせた。

再度、マイルでの好走に期待。

ブレステイキングは、京都適性は不明も、好位で競馬ができる器用なタイプ。

距離短縮歓迎。

中山

12R 芝1200m 4歳上2勝クラス 定量

ピースユニバース

ムスコローソ

いずれも中山合う。ピースユニバースは、昨年の1月、同条件で連対あり。

展開次第。

ムスコローソは、1500mの芝で先行し、コンマ4秒差の実績あり。

前走の1400mからの距離短縮で好走に期待。

前々走の初風特別では、今回と同条件で鋭い末脚を繰り出し、コンマ2秒差。道中の位置取り次第で浮上。

乞うご期待!


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました