“穴馬予想”【初茜賞】|2020年1月6日の注目馬

レース予想

京都

7R 4歳上1勝クラス 芝2000m 定量

テンノカガヤキ

条件変わりとなった、前々走、前走と2走連続の惜敗。

着差は、コンマ3秒差とコンマ4秒差。

この馬にとって、距離延長は好ましくないが、軽い芝、平坦コース、内回りへの変更によって好転可との見立て。

12R 4歳上2勝クラス ダート1200m 定量

⑤スズカカナロア

カーンテソーロ

スズカカナロアは、持ち時計を詰める必要はあるものの、元々はマイルや1800mの条件で走っており、距離短縮となった前走で鮮やかな差し切り勝ちを収めていることから、1200mであれば、昇級戦であっても侮れない。

カーンテソーロは、前走の中京ダート1200mの走破時計が、1分12秒1。

初の京都コース、しかも昇級戦と条件が厳しいが、前走のレース内容からすると、今回通用しても驚けない。

中山

9R 初茜賞 4歳上2勝 ダート1800m 定量

⑤シティーオブスター

グレンマクナス

シティーオブスターは、前々走のダート替わりで激走。

ダートでは底をみせておらず、先行したにもかかわらず、上位の末脚を発揮。

人気がどの位かは想像できないが、未知の魅力あり。

グレンマクナスは、前走で一変。勝ち馬とは着差があるものの、2着馬、3着馬とは、ほぼ互角の戦い。

距離短縮歓迎。

乞うご期待!


競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました